採用情報

教室長の1日

教室長のある1日を例に主な業務内容をご紹介します。

※ 勤務はシフト制となるため、出退勤の時間が下記とは異なる場合がございます。

パサージオ西新井校 佐々木教室長

出勤・朝の準備09:00〜

教室内の清掃、受講の準備などを行い、生徒様をいつでも受け入れができるよう事前準備を行います。
朝礼にて連絡事項の申し送り、やらなけれいけないことなど1日のルーティンワークを共有し確認します。
全て済んだら生徒様の受け入れ開始です。

生徒対応10:00〜

生徒様1人1人の進捗状況を確認し、今日学ぶ講座のご案内をしていきます。
受講の様子を見守り、つまづいているところや分からないところをフォローしていきます。
進み具合や近況などを伺うため、カウンセリングを行い、生徒様が楽しく教室に通えて目標達成ができるようサポートしていきます。

数値管理11:00〜

教室長はすべての教室運営を任せられているため、年間の予算作成、乖離計画、稟議書/企画書作成など多岐に渡る数値管理を計画的に行います。状況把握→原因予測→改善策を練るといった考える力が身に付きます。日々の変化を数値から読み解き、教室運営に活かしていきます。

スタッフ育成13:00〜

新人スタッフの採用→育成までの計画を立て、教室スタッフ共に新人育成をしていきます。
悩み事なども解決していけるよう共に考え、乗り越えていけるよう親身になってサポートしていきます。
スタッフ全員に対して目標設定や役割を与え、1つのチームとして成長していくようマネージメントしていきます。

終了作業・退勤〜17:00

1日の業務内容をまとめ、翌日に備えて掃除や事前準備を行います。
次のスタッフが気持ち良く仕事が開始できるよう引き継ぎしておくことが大切です。

研修講師など教室外での業務

自教室の運営が安定してくると他教室運営のサポートや社内研修の講師などを行う機会も増えてきます。
自教室で培った経験やノウハウを他教室で共有し、全体で成長していけるよう働きかけていくのも役目です。

仕事の楽しさ/厳しさ

教室長職の醍醐味は幅広く仕事に携わることができ、経営者目線で1つの教室を運営することができることです。また、生徒様や教室のスタッフに対して親身になって対応していくことが必要なので貢献感を得る喜びもあります。
その反面、中途半端なことや曖昧さは失敗を招く厳しさが伴います。常に色々なことに興味を持ち、当たり前のことを継続し続ける努力が必要となります。そのような厳しさはありますが、達成できたときの喜びほど嬉しいものはありません。